資金調達をすばやく済ませる

イメージが低下しにくい

頻繁に資金調達ができる

負債を増やすと、経営状態が悪化していると判断されます。
金融機関から融資を受けたくても審査を通過できなかったり、取引先の相手から今後の取引を断られたりする危険性があり、そうなると経営を続けられなくなってしまいます。
ファクタリングは、負債になりません。
その理由は、ファクタリングはお金を借りているわけではなく、売掛債権を売却して現金を得る方法だからです。

負債を抱えず会社の信用を失うことなく、資金調達ができます。
このようなメリットがあるので、頻繁に使うなら金融機関からの融資ではなく、ファクタリングが良いと言われます。
1度低下した信頼を取り戻すのは非常に難しいので、最初から低下しないように心がけてください。

相手が倒産した際のリスク

もし取引をしている会社が倒産した時は、売掛金を回収するのが難しいです。
回収できなければ自分の会社の受けるダメージも大きくなり、経営状態が悪化する危険性があります。
資金不足に陥り、最悪の場合はこちらまで倒産してしまうでしょう。
事前にファクタリングをしていれば、リスクを背負うのは自分ではなくファクタリング会社です。
自分はすでに売掛金を買い取ってもらっているので、自らが回収する必要はありません。

ファクタリングは資金調達ができる上に、万が一のリスクも軽減させられるので非常に魅力的ですね。
会社の経営をしていく際は、様々なリスクをできるだけ減らすことが重要です。
安心して経営を進められるよう、賢くファクタリングを活用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る